ノルマがない塾を選択

個別指導塾の仕事とは?

個別指導塾の仕事とは、その名の通り勉強を教えることです。ただ普通の学習塾と違って、授業は1対1、もしくは1対2で行います。担当制なのでいつも同じ生徒の勉強を見ることになります。そのため、生徒との相性が重要です。
とはいえ、個別指導塾だと生徒一人一人のペースや理解度で勉強を教えることが出来るので、生徒のレベルを把握しやすいです。なので授業前の予習や復習もその生徒のことだけ考えればよいのでやり易いと言えます。
ただし塾の仕事は勉強を教えることだけではありません。講師同士で情報を共有したり、授業前の予習、ミニテストの作成、日誌の記入、最新の受験情報を調べることなども仕事です。自分の不得意な科目もやらなければならない場合があるので、そのための勉強も必要でしょう。

働くならノルマがない塾がおすすめ

個別指導塾はやるべき仕事は多いですが、生徒と近い距離で接することが出来るのでコミュニケーションはとりやすく、ある程度ユルく出来るのがメリットです。働いてみたいけど大勢の前だと緊張してしまう、という人にも向いているかもしれません。
ただ、もし個別指導塾で働くならノルマのないところがおすすめです。塾の講師は授業以外にもやることが多いので、ノルマがあるとプレッシャーなどで押し潰されてしまいます。個別指導塾でよくあるノルマは担当生徒を◯人獲得すること、次のテストで◯点上げること、などがあります。酷いところだとノルマ未達成で減給、何てこともあり得ます。自分らしく、そして生徒のために働くなら、こうしたノルマのない塾を選んだ方が良いでしょう。

大学受験の個別指導は先生と相談しやすく、アドバイスを参考にすると学習方法を改善して効率アップにつながることがメリットです。